【2018年最新版】国内・海外それぞれの仮想通貨取引所おすすめランキング

おすすめの仮想通貨取引所を、国内と海外に分けてランキング形式でまとめました!

取引所の口座開設は仮想通貨の第一歩!取引所はこの中から選べば間違いないです。

国内の仮想通貨取引所おすすめランキング

日本円による取引ができるのが特長です。つまり、仮想通貨を始めるならほぼ必須。

bitFlyer(ビットフライヤー)


まあ、1位はここでしょうね!国内最大級の取引所bitFlyer(ビットフライヤー)です!

主要な仮想通貨のほとんどが取り扱われており、大手企業が出資しているということもあり安心感が魅力の取引所です。

サイトもわかりやすく、初心者にも使いやすいです。まずはここから!

Zaif(ザイフ)


1位のbitFlyerと、2位のZaif(ザイフ)は、もはや常識!仮想通貨の投資を本格的にやっていて、この2つに口座を持ってない人はいないでしょう!

Zaifはビットコインの取引手数料がマイナス0.01%、つまり取引すれば取引するほど増えるというユニークな特長があります。

また、日本初の仮想通貨「モナコイン」を取り扱っているのも特長です。

本人確認に時間がかかることでも有名なので「必要になったら作るか~」ではなく、bitFlyerと同時に申し込むことをおすすめします。

仮想通貨の最初の一歩はbitFlyerとZaifの口座を作ることと言っても過言ではないでしょう!

海外の仮想通貨取引所おすすめランキング

ICOのトークンの上場は基本的に海外の取引所になります。ICOをやるなら海外の取引所の口座開設は必須です。

Binance(バイナンス)


中国で最もメジャーな取引所です。「中国の取引所なんて信用できん!」とか言ってたら取り残されますよ。マジで。

約100種類のアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)を取り扱っており、サイトもアプリも使いやすく、メインで使うことになる海外の取引所です。

Bibox(ビボックス)


Binanceによく似た、同じく中国の取引所です。

Biboxでしか取り扱っていない仮想通貨も多くあり、Binanceの次に登録すべき取引所だといえます。

海外の取引所は敷居が高く感じるかもしれませんが、ICOをやるには必須です。すぐに慣れるので頑張りましょう!

結局どこで口座を作ればいいの?


「で?おすすめの取引所はわかったけど、結局どこで口座を作ればいいのさ」

結論から言えば、今回紹介した取引所はすべて口座を作るべきです。

というのも、仮想通貨は分裂し、新しい仮想通貨が生まれることがあります。例えばビットコインから「ビットコインキャッシュ」が生まれたり、「ビットコインダイヤモンド」が生まれたり。

これは「ハードフォーク」といわれるブロックチェーンの分岐に起因するのですが、その話は一旦ここでは置いておきます。

仮想通貨が分裂して新しい仮想通貨が生まれたとき、元となった仮想通貨を持っていれば、その量に応じて新しい仮想通貨をもらえることがあります。


ただ、新しい仮想通貨をもらえるかどうかは取引所次第です。

「ビットコインが分裂する!新しいビットコインをもらえる取引所はBinanceだけだ!」という場合に、Binanceの口座を持ってないとアウトなわけですよ。

つまり特定のタイミングで、指定の取引所の口座を持ってないと損する(得しない)ってことです。

投資において資金をひとつの口座にまとめるなんて、リスキー過ぎてナンセンスだということもあります。

ので、まずは国内のbitFlyerとZaifから始めて、海外のBinance、Biboxと口座を作っていきましょう。

「管理しきれないほど沢山の口座を持て」とは言いませんが、最低でも今回紹介した取引所くらいは口座を持っておきたいものです。

口座の開設も複数になると大変ですが、最初だけなので頑張ってくださいね!お金が増えていくのを見るのは本当に楽しいですよ♪