「盗難NEMがZaifに大量流入」についてZaifがコメント「…ん?」

国内の仮想通貨取引所「Coincheck(コインチェック)」から流出した仮想通貨「NEM」が、国内の別の仮想通貨取引所「Zaif」に大量に流入している件について、Zaifを運営する「テックビューロ」のコメントが公開されました。

「盗難NEMがZaifに大量流入」についてのコメント

コメントが公開されたのは「ITmedia NEWS」というサイトで、テックビューロに問い合わせていた返事が2018年3月5日に届いたとのことです。

要約すると…

  • 捜査に協力を求められたら協力するよ
  • 報道の内容には一部事実と異なるものもあるよ
  • でも情報を公開すると捜査を阻害しちゃうかもしれないからしないよ

という内容です。

「…ん?」

話の筋は通ってると思いますが、問題なのはユーザーの不安は残っているというところですね。

ユーザーに対して、不安を払拭する情報の提供や、対応の方針の公開はありませんでした。

現状、ZaifでNEMを購入するのは勇気が要りますね。

コインチェックのNEM流出事件の概要

2018年1月26日、国内の仮想通貨取引所「Coincheck(コインチェック)」から5億2630万XEM(当時のレートで580億円相当)が流出しました。

あ、問題があったのはNEMではなく「Coincheck」のほうです。

その後、犯人は匿名性の高い仮想通貨「DASH」との交換や、ダークウェブ(匿名ネットワーク)に盗難NEMを販売するサイトを立ち上げるなどの方法で資金洗浄を試みています。

ダークウェブ上で販売された盗難NEMは、ウォレット「CoinPayments」を経由し、Zaifなど複数の仮想通貨取引所に入金されているとのことです。

Zaifへの入金は2月22日から続いており、3月4日には約2260万XEM(約8億円分)以上が入金されているとのこと。日本の取引所で入金が確認されたのはZaifだけで、海外の取引所に入金されている額と比べても目立って多いらしいです。

ちなみに、盗難NEMを扱ったアドレスには、NEM財団によって「モザイク」というマークがつけられています。

多くの取引所はモザイクつきアドレスからのNEMの入金を拒否していますが、ウォレット「CoinPayments」を経由することでモザイクがないアドレスからの送金に見せかけることができるそうです。

海外の取引所のいくつかはNEMの入金を停止しているようですが、Zaifは対応の方針を明らかにしていないのが現状です。