【初心者向け】ICO詐欺案件の特徴と見分け方!過去の事例も紹介

ICOには詐欺案件も存在します。

「せっかく投資したのに騙し取られてしまった!」ということがないように、ICOの詐欺案件の特徴と見分け方を解説します。

ICO詐欺案件の特徴

ICOの詐欺の手口は、主に2つです。

  1. 人気のICO案件のフィッシングサイトから送金させるケース
  2. ICOのプロジェクトに実体がなく、送金させた資金を持ち逃げするケース

①フィッシングサイトから送金させるケース

実際に行われている人気のICO案件の偽サイト(フィッシングサイト)を作り、その偽サイトから犯人の仮想通貨アドレスに送金させる手法です。

偽サイトのデザインは本物のサイトと全く同じと言っていいほど似せてあることもあり、その場合、見た目だけでは判別が難しいです。

URLで判別するのがセオリーになるのですが…

フィッシングサイトの事例

例えば「Abyss」のICOの偽サイトのURLは…

  • 【本物】theabyss.com
  • 【偽物】thėabyss.com

このくらい似せてあって、パッと見、何が違うのかわからないです。「e」の上に点があるかないかの違いだけですね。

フィッシングサイトの見分け方

  • URLに間違いがないかしっかりと確認する
  • 信用できないサイトからのアクセスは控える

まずは、アクセスしたURLに間違いがないかしっかりと確認しましょう。パッと見、わからないですからね。「アルファベットの上下に点がついている」というケースが多いので、不自然なところがないか確認してください。

また、ICOの公式サイトにアクセスするときは、信用できないサイトからのアクセスは控えましょう。英語で何が書いてあるのかわからないサイトはもちろん、公式だと思っていたTwitterのアカウント自体が偽物だという場合もあります。

フィッシングサイトによる詐欺はICO案件に限らず存在します。Binance(取引所)の不正ログイン事件もありましたし、仮想通貨取引を行うにあたっては特に注意が必要です。

②プロジェクトに実体がないケース

フィッシングサイト以上に判別が難しいのが、このケースです。ICOには第三者による審査がないので、ホワイトペーパーに嘘も書けてしまいます。

しかも、ホワイトペーパーのほとんどが英語!…なんですが、嘘を書かれてると英語でも日本語でも結局わからないので、問題はそこじゃないです。

まずは具体的な事例から。

架空プロジェクトの事例

2017年10月、アメリカで不動産投資のICO「REcoin」と、ダイヤモンド投資のICO「DRC」が詐欺案件として訴えられました。訴えられたのは経営責任者のマクシム・ザスラヴィスキという方です。

複数の弁護士や不動産専門家、ブローカー、会計士などを雇っていると説明していたものの、実際には雇われた形跡がなかったり、約2~4億円の資金調達に成功していると説明していたものの、実勢には3,000万円程度の資金しか集まっていなかったりと、たくさんの嘘が書かれていました。

架空プロジェクトの見分け方

  • 上場予定が決まっている、できれば上場が確約されている案件を選ぶ
  • ICO評価サイトで高評価の案件を選ぶ
  • Twitterなどで評判がいい案件を選ぶ

ICOのプロジェクトに実体がない、架空のプロジェクトの可能性というのは、ICO自体のリスクなので、完全に対策することはできません。

ポイントは「上場が確約されていること」です。上場の時期や取引所まで決まっていれば、詐欺案件の可能性は非常に低くなります。

また、「ICObench」などのICO評価サイトで高評価だったり、Twitterなどで評判がいい案件は安パイであることが多いです。自分ひとりで正確な判断をするのは難しいので、たくさんの人の目に触れており、それでいて粗が出ていないんだから大丈夫だろうという考え方です。

他人の判断に身を任せていると感じるかもしれませんが、知識のない自分だけで判断するより、ずっと安全です。

まとめ

投資自体のリスクをゼロにすることはできないのと同じで、ICO自体のリスクをゼロにすることもできません。そのリスクに納得した上でトークンを購入する必要があります。

ただ、そのリスクを知識でゼロに近づけることができるのも、また投資と同じです。そのために、できることはやるべきでしょう。

このサイトでは、かならずICO評価サイトでの評価が高く、Twitterなどでの評判がよく、ホワイトペーパーを読んで安全だと判断した案件だけを紹介しています。

前述の通り「リスク:ゼロ」ではありませんが、詐欺案件の判断が難しければ参考にしてください。

おすすめのICO案件はこちら