知らない人は損してる!仮想通貨の「取引所」と「販売所」の違いとは

仮想通貨の取引を行うには「仮想通貨取引所」といわれるサイトの口座を開設し、そのサイトの中で仮想通貨の売買を行います。

ただ、仮想通貨取引所の中でも「取引所」と「販売所」があり、どちらを使っているかによっては損をしてる場合もあります。

「取引所」と「販売所」の違い

「取引所」とは

「取引所」とは、種類の違う仮想通貨をユーザー同士で売買する方法です。

なので、そのとき欲しい金額・量で売買が成立するとは限りません。売買の成立に時間がかかることもあります。

ただ、手数料が非常に安い、あるいは全くかからないのがメリットです。

「販売所」とは

「販売所」とは、業者と直接やりとりする売買方法です。

価格は業者が決めます。自分の好きなタイミングで売買できるというメリットがありますが、手数料は高くつく傾向にあります。

「取引所」はユーザー同士、「販売所」は業者との売買と覚えておきましょう。それぞれにメリット・デメリットがあります。

「取引所」と「販売所」どちらがいいのか


状況に応じて使い分けるのがベストですが、基本的に手数料が安い「取引所」を使います。

サイトによりますが「取引所」と「販売所」の両方を使えるサイトが多く、ひとつのサイトで状況に応じて選ぶことができます。

例えば定番の取引所「bitFlyer」や「Zaif」などは、それぞれ「取引所」と「販売所」の両方を用意しています。

基本的には「取引所」で、必要があるときだけ「販売所」を使うと覚えておけばOKです。