【図解】bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設はこちら!登録方法を徹底解説

国内最大級の仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)。仮想通貨を始めるなら、まずはここの口座を開設するのが第一歩だといえるでしょう。

誰もが通る道なので口座開設、登録方法を図解します。

bitFlyer(ビットフライヤー)とは


bitFlyer(ビットフライヤー)は国内最大級の仮想通貨取引所です。

仮想通貨を使うには、仮想通貨専用の口座が必要です。

その口座を開設できるのが「仮想通貨取引所」といわれるサイトで、bitFlyerはそのひとつというわけですね。

仮想通貨を使っている人でbitFlyerの口座を持っていない人はいないんじゃないかというくらい定番中の定番の取引所なので、まずはbitFlyerの口座を開設してみましょう!

取扱通貨

  • ビットコイン【BTC】
  • イーサリアム【ETH】
  • ビットコインキャッシュ【BCH】
  • ライトコイン【LTC】
  • イーサリアムクラシック【ETC】
  • モナコイン【MONA】
  • Lisk【LSK】
日本最大級の取引所というだけあって主要な仮想通貨はほとんど取り扱っています。不自由を感じることは少ないでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設・登録方法

  1. 公式サイトでメールアドレスを入力し「アカウント作成」を選択
  2. キーワードを入力して「アカウント作成」を選択
  3. 名前や生年月日、住所など個人情報を入力
  4. 本人確認資料を提出
  5. 転送不要の書留郵便の受取

公式サイトでメールアドレスを入力し「アカウント作成」を選択


bitFlyerの公式サイトにアクセスすると、すぐにメールアドレスを入力する欄が表示されます。メールアドレスを入力し「アカウント作成」を選択しましょう。

キーワードを入力して「アカウント作成」を選択


キーワードの入力画面が表示されます。

登録したメールアドレスに「bitFlyer アカウント登録確認メール」という件名のメールが届いているので、本文に記載されているキーワードを入力して「アカウント作成」を選択しましょう。


すべてのチェックボックスにチェックを入れて「bitFlyer をはじめる」を選択します。

名前や生年月日、住所など個人情報を入力


「まずは取引時確認の入力からはじめる」を選択すると…


個人情報の入力画面が表示されます。

名前や生年月日、住所など(※)がついている欄を埋めていきましょう。

本人確認資料の提出

最後に本人確認資料を提出する必要があります。

本人確認に使える資料の…

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり)
  • 各種健康保険証・共済組合会員証
  • 各種年金手帳
  • 各種福祉手帳
  • 印鑑登録証明書
  • 住民票の写し
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
の、いずれかを写真をスマホで撮って、本人確認資料の提出の画面からアップロード、送信します。

私の場合、提出した本人確認資料の提出は、数時間で「承認済」になりました。

次に何をすればいいかわからなくなったら
次に何をすればいいかわからなくなったら、bitFlyerログイン直後のホーム画面の右下の「取引時確認」を確認してみましょう。


すべての項目を【承認済】にするのが目標なので、この画像の場合、次に「お客様の取引目的等のご確認」を行うべきだとわかります。

本人確認資料の提出はちょっと面倒かもしれませんが、最初だけなのでがんばってくださいね。