金融庁、Zaifを含む複数の取引所に行政処分!コインチェックがヤバすぎるんだけど…

2018年3月8日、金融庁は仮想通貨取引所2社に対して業務停止命令、5社に対して業務改善命令の行政処分を発令したと発表しました。

「何も知らない人たちが運営してたんだなあ」って感じです。

どの取引所にどんな処分が下ったのか、詳しく解説しますね。

業務停止命令(2社)

業務停止命令が下った2社は、どちらも仮想通貨交換業登録を受けていない、いわゆる「みなし仮想通貨交換業者」です。

FSHO(みなし業者)

高額の仮想通貨の売買において、取引時確認や疑わしい取引の届け出が必要かを判断しておらず、取引時確認を検証する体制が整備されていませんでした。

また、職員向けの研修が実施されていないなど、社内規則などに基づいておらず、仮想通貨交換業の運営に必要な措置も講じていなかったとのこと。

3月8日~4月7日の業務停止命令と、これまでの取引に関する取引時確認と疑わしい取引の届け出、ユーザーの安全管理のための体制構築、法定帳簿の適切な実施のための体制構築などが命じられました。

ビットステーション(みなし業者)

経営企画部長がユーザーから預かったビットコインを私的に流用していたため、3月8日~4月7日の業務停止命令と、ユーザーの残高の確認や照合、再発を防ぐための体制整備などが命じられました。

これに関しては「そういう問題じゃない」という意見が大半です。

ビットステーションは登録申請の取り下げの申し出を行っており、仮想通貨交換業を廃業することになります。

業務改善命令(5社)

コインチェック(みなし業者)

2月13日の業務改善報告を受け、運営状況を確認したところ、仮想通貨のリスクを適切に評価しておらず、マネーロンダリング(資金洗浄)などに応じた適切な内部管理体制を整備していなかったとのことです。

内部監査体制の整備や強化も実施されておらず、監査役も機能していない。取締役会においての最重要課題は「顧客保護とリスク管理」ではなく「事業の拡大」を優先していたそうです。おいおい。

金融庁のコインチェックへの2度目の業務改善命令は…

  • 経営体制など各種体制の根本的な見直し、実用性の確保
  • 顧客保護の徹底
  • 取締役会による各種体制の整備
  • 取り扱い仮想通貨のリスクの洗い出し
  • マネーロンダリングに関する対策
  • 顧客や取引に対する補償の適切な報告
  • これらの業務改善計画を3月22日までに書面で提出
  • 実施完了まで1ヶ月ごとの進捗状況を翌月10日までに報告

です。

ど、どんだけヤバいのコインチェック。もはや「最初からやり直せ」ってレベルじゃん…。記者会見でよく強気な発言ができましたね…。

コインチェック、3月8日の記者会見の内容まとめ!流出したNEMの補償は…

2018.03.08

Zaif(テックビューロ)

「やっぱりか~」って感じですね。

Zaifで発生したシステム障害や不正出金、不正取引などの問題点の根本的な原因を経営陣が十分に分析しておらず、適切な再発防止策を講じていないとのこと。顧客への情報開示も不十分とのことでした。

実用性のあるリスク管理の体制の構築と、適切な顧客対応体制の構築が求められ、その業務改善計画の提出、毎月の進捗状況の報告が求められました。

Zaifは問合せの返事が恐ろしく遅い、あるいは返事がないことで有名ですもんね。盗難NEMが流入している件についてはどうなんでしょうか。

「盗難NEMがZaifに大量流入」についてZaifがコメント「…ん?」

2018.03.06

GMOコイン

意外なところがきましたね。

頻発するシステム障害に対する原因分析が不十分で、適切な再発防止策が講じられていないとのことです。リスク管理体制の構築が命じられました。

バイクリメンツ(みなし業者)

内部監査の未実施など法令が遵守できておらず、ユーザー資産の不適切な分別管理、帳簿書類の一部未作成など、経営管理体制の見直しが命じられました。

マネーロンダリングやテロ資金供与に関する管理体制の構築も求められています。

ミスターエクスチェンジ(みなし業者)

内部監査の未実施、ユーザー資産の不適切な管理などが指摘され、経営管理体制の見直し、ユーザー資産の分別管理体制の構築、リスク管理体制の構築、マネーロンダリングやテロ資金供与に関する管理体制の構築、苦情処理管理体制の構築が命じられました。

今回の発表を受けて何をするべきか

「コインチェック」ヤバ過ぎない?NEMの流出事件から、そして最初の業務改善命令を受けてから何をしていたんでしょうか。

最近「Zaif」にも近いものを感じています。

現状、国内の取引所だと「bitFlyer」を使うのがよさそうです。

【図解】bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設はこちら!登録方法を徹底解説

2018.02.16

ちゃんと仮想通貨交換業登録を受けている取引所です。口座を持っている方は、すでに「bitFlyer」をメインに考えている方も多いのではないでしょうか。

海外の取引所であれば、不正ログイン騒動で神対応だった「Binance」ですね。

【図解】どこよりもやさしいバイナンス(Binance)の口座開設・登録方法

2018.02.18

取り扱っている仮想通貨の種類との兼ね合いもあるので、特定の取引所だけに絞るのは難しいですが、リスク管理だけはしっかりとやっておきたいものです。